オベイサン♡

おべいさぁ~ん(=゚ω゚)ノ

obéissant
オベイサンと読みます。
フランス語で『素直』という意味です。

すみません。
ただ単に素直というワードで書きたかっただけです。
ちょっと賢い風を演じてみました(笑)
Facebookページやこちらにもちょこっと書いたりしていますが、
身体の声を聴く
その声に素直に従ってみる

という事をしない方が多いなーって感じる回数が増えてきました。
考えて、考えて、
よかれと思う事を実行する。
これも勿論いい。
その結果が、技術や姿勢やスタイルに繋がってくれたら嬉しいですね。私も、あれこれ考えて失敗したり、上手くいってニヤニヤしたりをよく繰り返しています。こうやって一生懸命努力した事を、いとも簡単に何も考えずにクリアする人いるでしょ?

『あの人天才肌だよねー。あぁ、羨ましい!』

って思っちゃってませんか?
全てがそうとは限りませんが、こういう人たちって、身体の声を素直に聴いているんです。先日、ベテランダンサーさんのレッスンをさせて頂きました。私から見てもだいぶお兄さん(すみません^^;)な上に、舞台に立つ回数も多いし、リフト(人を持ち上げる)もします。もちろん、努力あってこそとは思いますが、長く現役でいられるって、才能や条件だよねと思ってしまいがちです。

モイスト初体験だったので、先ずはパーツではなく全体で見る(感じる)ことを少しずつお伝えしていくと、はじめこそ言われるままに動いていましたが、身体が軽くなるのを感じ始めるのと同時に、すっと力が抜け『ここをこうするの、どうかな?』とやり取りしながら自主的に動きを拡げていらっしゃいました。歩くのすら辛いほど、膝が痛むと仰っていらしたのに、膝を曲げる動きすら取り入れながら。

ついつい、痛いところ・出来ないところにフォーカスして、『ほらやっぱり(痛い)』となりがちなですが、こうしたら楽、ここが気持ちいい、というところもあるはずなんです。身体が伝えようとしているのに、聞こえないふりをしていませんか?私の身体はこうなんだ!って決めつけていませんか?

今までと違う事が起きると、『今までのは間違っていたんだあぁ;つД`)』って悲しくなっちゃう人もいるかも知れませんね。それは、勿体ない。今までの経験があるから、違いを実感できる。引き出しが増える。全力でやるから、脱力も出来る。ダンスの人だから特別なんて事もありません。

身体が望むままを体験してみませんか?

67103_868518843246068_4780552790369091920_n