声もカラダ

舞台の真ん中に向かって歩いてきて
すっと立つ。
その立ち姿だけでも
あぁ、この人は声が出るだろうな、
そうではないだろうな、
という事を見る機会がありました。
この時は声のボリュームだけを思ったのですが、
これはボリュームだけの問題でなく
『伝わり方』が違うんだな、と。
小さな声や、無声音であったとしても、
伝わる人がいるんです。
それが立ち姿でわかるんです。

ダンスでも、おそらく同じ事。
すごく動けるんだけど、
何も伝わらない人、
テクニシャンじゃないけど、
伝わる人。
ぜんぶカラダの仕業(笑)です。

シンプルな事だけど、
今までは気付かなかった。
これは、もっと深めたい。
この話、長くなりますね。
続きはまた今度。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中